FC2ブログ
最近は主にFFのプレイ日記と化しています。

君を呼ぶまほろば -The Eden, Calling You-

ブログ閲覧上の注意を守ってお読みください。

何か一言:

ブログランキング参加中!

FC2 Blog Ranking ←皆様の清き一票をよろしくお願いいたします。

【FFV:GBA版】 衝撃の事実 | main | 最近はひとこと日記になりつつあるように思うが、それは気のせいだろう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様の清き一票をお願いいたします。⇒FC2 Blog Ranking

長門有希の幻影とハルヒ劇場

ザ・スニーカー12月号を買ってきた。「ハルヒ」原作とピンナップにしか興味ないので、そのあたりの感想を書こうと思う。

ピンナップ「長門有希の幻影(まぼろし)」

涼宮ハルヒ→朝比奈みくる→長門有希のローテーションで描かれるピンナップ。今回は有希のイラストである。

有希がプールサイドで膝を抱えながらひとり座っていると、ある人物に似た人物がそばを通ったので思わず振り返ってしまった……というシチュエーションらしい。その人物は髪が長い人物であり、有希が反応するほどの人物であるからして、朝倉涼子を思わせる。ただの見間違いか、それとも本人か。思わず振り向いてしまうくらいだから、有希は自らの手で朝倉を消さざるを得なかったことを未だに気にしているのかもしれない。そんなことを考えてしまった。

どうでもいいが、この時期に水着って寒くないかと思う。「プール」というくらいだからひょっとしたら温水プールか何かなのかもしれないが。さらにどうでもいいことかもしれないが、今回の有希の水着は着るのが大変そうだ。

巻頭特集「涼宮ハルヒの秋祭(おまつり)」

今回のハルヒ劇場に関する記事、二次創作物のアニメ化に関する記事、セガ版ゲーム2本に関する記事という3つの記事が掲載されている。この中で注目すべきはハルヒ劇場に関する記事のみなので、それについて書く。

ハルヒ劇場は4年前にザ・スニーカーに載っていたものを再掲載したものとなっている。何故再掲載かといえば、文庫化されていないからに他ならないだろう。早く文庫化してほしいのだが。ページ下部の紹介文(余談だが、左側のページの4行目に誤植がある)によれば、「雪山症候群」におけるキョンの記憶の断片は今回のハルヒ劇場の内容らしい。ファンタジー世界ということで5人にはジョブが割り当てられており、「涼宮ハルヒの戸惑」の「SOS団クエスト」のジョブとほぼ同じである。違うのはハルヒが超勇者ではなくただの勇者であることと、キョンが従者ではなく戦士であるということくらいだ。あと、「SOS団クエスト」と衣装が違っていたり、みくるが浮遊していたり、有希が本を持っていなかったりするあたりがこのページの見どころ……かもしれない。

あと、巻頭特集の数箇所に描かれている有希のデフォルメ画を見て和んだりした。

ハルヒ劇場 act.1

というわけで、SOS団がファンタジー世界に迷い込んだ話。ストーリー自体は魔王を倒して王子と姫を救ってくればミッションコンプリートという、RPGではありきたりな物語である。しかし、普通にそのようなストーリーをなぞるだけの展開にならないのが「ハルヒ」の物語であるというのは読むまでもないだろう。42ページを見て有希はあいかわらずかわいいなとか、パンを食べているところなのにオカリナを吹いているように見えるとか、そんなことを考えながら読み始めた。

勇者・涼宮ハルヒ

RPGや勇者のセオリーとか約束事とかを平然と無視してパーティを引っ張っていくあたりはハルヒらしいと言えるが、実際にいたらイヤなタイプの勇者に違いない。ある意味、オーフェンやリナ=インバースよりもたちが悪い。というか、本当に勇者か、これ? 名声とか結婚とかに興味ないのはいいとしても、「反乱起こして革命起こしてやんない?」というありえないことを言い放ったりするし、迎えが来るまで酒場で遊び倒すし、チェックポイントを無視して進もうとした挙句、森の賢者に「あんたさ、本当に正義側の人間なの?」と言ったりするし(「お前こそ本当に正義側の人間なのか?」と問いたい。非常に問いたい)。話を聞かずに考えなしに洞窟に突入してはドラゴンに一撃で殺されるあたり、「射手座の日」を思い出すのは私だけではあるまい。少しは周り(3人は気にしていないみたいだから実質キョンだけになるが)の迷惑とか心配とかを考えて行動してやってくれ。お願いだから。

戦士・キョン

この世界でも「キョン」と呼ばれるのは悲しむべきことなのかどうかという疑問が浮かぶが、もしかしたら悲しむべきことなのかもしれない。普段(通常世界で)はあだ名では呼ばない古泉にまで「戦士キョン」と呼ばれるくらいだから。本編と違い(あるいは「戸惑」の「SOS団クエスト」と同様に)あまり活躍しないのが、残念と言えば残念かもしれない。

ところで、やる気がないのがキョンであるが、さすがに以下の記述にはツッコミたいところだ。

しばらくヒマになりそうだったので、この間を利用し残りの二人の格好を簡潔に描写しておこう。

長門は盗賊で、古泉は竪琴構えた吟遊詩人。終わり。それ以上説明しようもない。見たままだ。

簡潔過ぎる。服の色とかプロテクターの有無とか帽子の有無とか靴の形状とか、描写すべきポイントはあるだろうに。もうちょっと細かく述べてくれ。せめて似合っているかどうかとか。

盗賊・長門有希

どちらかというと魔法使いの方がイメージに合うのだが、ここでは盗賊ということになっている。素早いからいいか。「本を読んでいる」という記述がないので本を持っていないのだろうが、そのぶん(?)尋常ならざる食欲を発揮する。「もっと無限を疑うべきは長門の胃袋である」とか「長門は完全にフードファイターである」といった描写があるわけで、どれだけ食ってるのかが非常に気になるところではあるのだが、「頬をぱんぱんにふくらませて」いるところは想像するにリスっぽくて可愛い気がする。本編には頬を膨らませるといった描写はなかったはずなので、是非イラストか映像で見てみたいところだ。盗賊らしい行動といえば、ハルヒの言動に唖然とする賢者から『惰眠の玉』をひょいと掠め取る(ただしハルヒの指示による)くらいか。あと、他の4人を担ぎ上げたうえで瞬間移動に近い速度で走るという、盗賊というよりはインターフェースのスペックを活用したような行動もとっている。……いつも通りといえばいつも通りかもしれない。

(以下未稿)

皆様の清き一票をお願いいたします。⇒FC2 Blog Ranking

コメントする
管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://izlude.blog79.fc2.com/tb.php/926-bf570fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール
  • Author: イズルード(Izlude)
  • Address: izlude84++hotmail.com(++ は @ に置換)
  • BBS: http://izlude.bbs.fc2.com/
  • ゲームが趣味です。主に FF シリーズや DQ シリーズをプレイしています。最近は FFXII(IN版)をまったりとプレイしています。[FOAF]
FC2カウンター

現在までの訪問者数:

現在の閲覧者数:

無料カウンター

アクセス解析

リンク
ブログ内検索
FC2ブログランキング
今後の予定
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグリスト
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
RSSフィード
translate this blog into

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。